メイクアップ

1/18 NISSAN GT-R NISMO 2017 ブリリアントホワイトパール
『IDEA(イデア)』の1/18スケール・ハンドメイド・モデルカーとして発売予定の「日産 GT-R NISMO 2017」です。本モデルは2016年5月27日、ドイツ ニュルブルクリンクにて発表された新型の「GT-R NISMO」を忠実に再現したモデルとなります。ニュルブルクリンク24時間レースの予選が行われていた5月27日、突如「GT-R NISMO」はサプライズ発表されました。「GT-R NISMO 2014モデル」からの改良点で目を引くのがフロント周りのデザインが大きく変更された点です。NISMOモデル専用のカーボンファイバー製のフロントバンパーは、カーボンを幾重にも重ねることにより理想的な強度を得ており、カナード形状のデザインにより従来のモデルよりも大きなダウンフォースを発生させます。フロントフードは両サイドにエッジを作ることにより、高速時のボンネットのたわみを少なくすると共に空力性能を向上させています。一見すると前モデルと同形状のホイールもスポーク断面が軽量化のために「H断面」に変更されているなど細かい部分の軽量化も進められています。インテリアは2017年モデルの「日産 GT-R」で一新されたインテリアデザインを用いつつ、よりスポーティーに仕上げられています。ダッシュボード上面・ステアリング・センターアームレストにはアルカンターラレザーを使用し上質な仕上がりになりました。シートは赤のアルカンターラを中央部に使用したレカロ製セミバケットシート。センターコンソールとシートバックはカーボンを使用し雰囲気を盛り上げます。メイクアップ社では実車発表後、実車取材を行いモデルの開発を行いました。詳細な写真撮影、3Dスキャン、採寸を行い3Dデータを作成しています。ラージスケールでしか再現できないようなボディのエッジやR形状も余すことなく再現しております。カーボン地が見える部分にはカーボンデカールを貼り込む予定となっております。?インテリアも新型の2017年使用を精密再現。大きな形状変更があったダッシュボード、ステアリング、センターコンソールはデータを全て改修、再現性と組み立ての正確さを両立させています。ニスモ専用のレカロシートはシートバックにまでカーボンデカールを貼り込み質感を再現いたします。

1/43 トラスト グレッディ RX(BNR32) 1993
本モデルは日本を代表するチューニングパーツメーカー「株式会社トラスト」がパーツ開発車両として作成した「GReddy RX」を忠実に再現したモデルになります。トラストは70年代から多くのレースに参戦、またサーキットでのゼロヨンなどを通じて多くのチューニングパーツを生み出してきた会社です。1990年に日産自動車より発売されたスカイラインGT-R(BNR32) NISMOが、GReddy RXのベース車両となります。タービンやマフラーの開発の為に何度も仕様が変更されていますが、トラストだけが開発していた「ツインチャージ仕様」が最大の特徴です。低回転域はスーパーチャージャーで加給し、高回転域はターボチャージャーで加給するシステムです。約800psを発揮し谷田部のテストコースで320km/h以上の速度を記録しています。またチューニングカーには必須とも言える軽量化をほとんど行わなかったのもGReddy RXの特徴のひとつと言えます。インテリアにはワンオフのカーボンメーターナセルとピラーメーターが追加され、シートはレザーに張り替えられたレカロ製SRシリーズが装着される程度に留められています。ホイールはパナスポーツ C5C、フロントブレーキにはGr.C用のブレンボを装着していました。エクステリアは、日産ヘリテージコレクションにて入念な取材を行い3Dデータを作成しました。GReddy RXの資料は当時の雑誌や映像を元にしています。また当時の開発スタッフの方にお話を伺い車両の仕様を決定しています。パナスポーツC5CはGReddy RXの為に専用パーツとして製作、リム部分はアルミ製挽物パーツを用いてリアルに再現しています。インテリアの専用ダッシュボードなども資料を元に再現、レカロSRシートやトラスト製ステアリングなども専用で開発いたしました。ボディカラーはトラストに残っていた純正リアウィングを元に再現いたします。

1/43 ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ 2017 ベイビーブルー
『EIDOLON(アイドロン)』の1/43スケール・ハンドメイド・モデルカーとして製作した「ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ 2017」です。本モデルはウラカンクーペをベースに軽量化・高出力化・空力性能の向上を施し、ニュルブルクリンク北コースの市販ロードカー最速ラップを記録した「ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ」を忠実に再現したモデルになります。ランボルギーニは2017年3月に行われたジュネーブモーターショーにて「ウラカン ペルフォマンテ」をデビューさせました。最大の特徴は専用に開発されたエアロダイナミクスシステム「エアロダイナミカ・ランボルギーニ・アッティーヴァ」(ALA)です。これはフロントスポイラーとリアウィングに備わっているフラップを開閉することにより、コーナリング・ブレーキング時には大きなダウンフォースを発生させ、加速中や高速走行中には空気抵抗を可能な限り少なくするシステムです。ウラカン ペルフォマンテはALAを搭載するため前後のエクステリアも進化しました。フロントバンパーは蛇の牙をモチーフとしたデザインに変更されよりアグレッシブになりました。リアエンドには「ALA」を組み込まれたリアウィング、エアダクトが組み込まれたエンジンフード、大型化されたリアディフューザーを装備しています。インテリアは基本的にウラカンクーペを踏襲していますが、軽量なカーボンスポーツシートを装着し内装のほとんどがアルカンターラで仕上げられています。エンジンは従来の610psから640psに出力を向上。ゴールドに塗装されたインテークはディアブロSE30などのスペシャルエンジンの伝統に則ったものです。モデルはランボルギーニより提供された3Dデータから3DCADデータを作成しました。極力ディフォルメなどを行わず、実車そのものを雰囲気を再現いたします。新たに装着されたリアウィングはホワイトメタルを使用し薄く成形。裏面にはALA用の穴も再現しています。車体に多用されている軽量素材「フォージドコンポジット」はランダムなパターンを持っていますので、一つ一つのパーツにブラシでパターンを入れ、クリアーコーティング仕上げを行うことにより質感を上げています。今回発売する仕様ではペルフォマンテ専用設計の鍛造20インチ「ナルヴィ」ホイールを再現します。またフロントスポイラー、サイドスカート、サイドミラー、マフラーエンドなどがハイグロスブラック仕上げとなる“スタイルパッケージ”を装備した姿となります。

1/43 日産 スカイライン GT-R V-spec II (BNR32) 1994 スパークシルバーメタリック
『EIDOLON(アイドロン)』の1/43スケール・ハンドメイド・モデルカーとして製作した「日産 スカイラインGT-R V-spec II (BNR32) 1994」です。1994年に発売され、現在も高い人気を誇る「スカイライン GT-R V-spec II (BNR32) 1994」を忠実に再現したモデルになります。ケンメリGT-R(KPGC110)の生産終了から16年ぶりに復活した「GT-R」は日産の持つ技術の粋を集めた車両としてデビューしました。1994年に発売された「スカイライン GT-R V-spec II」は、Gr.Aでの活躍を記念して設定されました。スカイライン GT-RはGr.Aと同時期にGr.Nにも参戦していましたが、ブレーキが弱点であると指摘されていました。Gr.Nでは改造範囲が非常に狭くブレーキキャリパーなどを交換することはできませんでした。 そこでブレンボ製ブレーキを装着したV-specを発売し、Gr.Nマシンの性能向上を目指しました。標準のブレーキよりも大きいブレンボブレーキを搭載するためにホイールも17インチに変更されました。標準車と同じBBS製ですが、メッシュタイプのデザインが採用されています。モデルは、日産ヘリテージコレクションにて入念な取材を行い3Dデータを作成しました。3Dスキャンと採寸、様々な角度から撮影した写真などを用いて決定版とも言えるモデルを目指し開発しました。ボディサイドに流れるキャラクターラインやフロントバンパーなどシンプルな形状に見えますが、実際には複雑な局面で構成されています。V-spec専用の17インチアルミ鍛造ホイール、ブレンボキャリパーも精密再現いたします。

1/43 日産 スカイライン GT-R V-spec II (BNR32) 1994 クリスタルホワイト
『EIDOLON(アイドロン)』の1/43スケール・ハンドメイド・モデルカーとして製作した「日産 スカイラインGT-R V-spec II (BNR32) 1994」です。1994年に発売され、現在も高い人気を誇る「スカイライン GT-R V-spec II (BNR32) 1994」を忠実に再現したモデルになります。ケンメリGT-R(KPGC110)の生産終了から16年ぶりに復活した「GT-R」は日産の持つ技術の粋を集めた車両としてデビューしました。1994年に発売された「スカイライン GT-R V-spec II」は、Gr.Aでの活躍を記念して設定されました。スカイライン GT-RはGr.Aと同時期にGr.Nにも参戦していましたが、ブレーキが弱点であると指摘されていました。Gr.Nでは改造範囲が非常に狭くブレーキキャリパーなどを交換することはできませんでした。 そこでブレンボ製ブレーキを装着したV-specを発売し、Gr.Nマシンの性能向上を目指しました。標準のブレーキよりも大きいブレンボブレーキを搭載するためにホイールも17インチに変更されました。標準車と同じBBS製ですが、メッシュタイプのデザインが採用されています。モデルは、日産ヘリテージコレクションにて入念な取材を行い3Dデータを作成しました。3Dスキャンと採寸、様々な角度から撮影した写真などを用いて決定版とも言えるモデルを目指し開発しました。ボディサイドに流れるキャラクターラインやフロントバンパーなどシンプルな形状に見えますが、実際には複雑な局面で構成されています。V-spec専用の17インチアルミ鍛造ホイール、ブレンボキャリパーも精密再現いたします。

1/43 日産 スカイライン GT-R V-spec II (BNR32) 1994 ガングレーメタリック
『EIDOLON(アイドロン)』の1/43スケール・ハンドメイド・モデルカーとして製作した「日産 スカイラインGT-R V-spec II (BNR32) 1994」です。1994年に発売され、現在も高い人気を誇る「スカイライン GT-R V-spec II (BNR32) 1994」を忠実に再現したモデルになります。ケンメリGT-R(KPGC110)の生産終了から16年ぶりに復活した「GT-R」は日産の持つ技術の粋を集めた車両としてデビューしました。1994年に発売された「スカイライン GT-R V-spec II」は、Gr.Aでの活躍を記念して設定されました。スカイライン GT-RはGr.Aと同時期にGr.Nにも参戦していましたが、ブレーキが弱点であると指摘されていました。Gr.Nでは改造範囲が非常に狭くブレーキキャリパーなどを交換することはできませんでした。 そこでブレンボ製ブレーキを装着したV-specを発売し、Gr.Nマシンの性能向上を目指しました。標準のブレーキよりも大きいブレンボブレーキを搭載するためにホイールも17インチに変更されました。標準車と同じBBS製ですが、メッシュタイプのデザインが採用されています。モデルは、日産ヘリテージコレクションにて入念な取材を行い3Dデータを作成しました。3Dスキャンと採寸、様々な角度から撮影した写真などを用いて決定版とも言えるモデルを目指し開発しました。ボディサイドに流れるキャラクターラインやフロントバンパーなどシンプルな形状に見えますが、実際には複雑な局面で構成されています。V-spec専用の17インチアルミ鍛造ホイール、ブレンボキャリパーも精密再現いたします。

1/43 日産 スカイライン GT-R V-spec II (BNR32) 1994 レッドパールメタリック
『EIDOLON(アイドロン)』の1/43スケール・ハンドメイド・モデルカーとして製作した「日産 スカイラインGT-R V-spec II (BNR32) 1994」です。1994年に発売され、現在も高い人気を誇る「スカイライン GT-R V-spec II (BNR32) 1994」を忠実に再現したモデルになります。ケンメリGT-R(KPGC110)の生産終了から16年ぶりに復活した「GT-R」は日産の持つ技術の粋を集めた車両としてデビューしました。1994年に発売された「スカイライン GT-R V-spec II」は、Gr.Aでの活躍を記念して設定されました。スカイライン GT-RはGr.Aと同時期にGr.Nにも参戦していましたが、ブレーキが弱点であると指摘されていました。Gr.Nでは改造範囲が非常に狭くブレーキキャリパーなどを交換することはできませんでした。 そこでブレンボ製ブレーキを装着したV-specを発売し、Gr.Nマシンの性能向上を目指しました。標準のブレーキよりも大きいブレンボブレーキを搭載するためにホイールも17インチに変更されました。標準車と同じBBS製ですが、メッシュタイプのデザインが採用されています。モデルは、日産ヘリテージコレクションにて入念な取材を行い3Dデータを作成しました。3Dスキャンと採寸、様々な角度から撮影した写真などを用いて決定版とも言えるモデルを目指し開発しました。ボディサイドに流れるキャラクターラインやフロントバンパーなどシンプルな形状に見えますが、実際には複雑な局面で構成されています。V-spec専用の17インチアルミ鍛造ホイール、ブレンボキャリパーも精密再現いたします。

1/43 日産 スカイライン GT-R V-spec II (BNR32) 1994 ブラックパールメタリック
『EIDOLON(アイドロン)』の1/43スケール・ハンドメイド・モデルカーとして製作した「日産 スカイラインGT-R V-spec II (BNR32) 1994」です。1994年に発売され、現在も高い人気を誇る「スカイライン GT-R V-spec II (BNR32) 1994」を忠実に再現したモデルになります。ケンメリGT-R(KPGC110)の生産終了から16年ぶりに復活した「GT-R」は日産の持つ技術の粋を集めた車両としてデビューしました。1994年に発売された「スカイライン GT-R V-spec II」は、Gr.Aでの活躍を記念して設定されました。スカイライン GT-RはGr.Aと同時期にGr.Nにも参戦していましたが、ブレーキが弱点であると指摘されていました。Gr.Nでは改造範囲が非常に狭くブレーキキャリパーなどを交換することはできませんでした。 そこでブレンボ製ブレーキを装着したV-specを発売し、Gr.Nマシンの性能向上を目指しました。標準のブレーキよりも大きいブレンボブレーキを搭載するためにホイールも17インチに変更されました。標準車と同じBBS製ですが、メッシュタイプのデザインが採用されています。モデルは、日産ヘリテージコレクションにて入念な取材を行い3Dデータを作成しました。3Dスキャンと採寸、様々な角度から撮影した写真などを用いて決定版とも言えるモデルを目指し開発しました。ボディサイドに流れるキャラクターラインやフロントバンパーなどシンプルな形状に見えますが、実際には複雑な局面で構成されています。V-spec専用の17インチアルミ鍛造ホイール、ブレンボキャリパーも精密再現いたします。

1/43 ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ 2017 Center lock wheel ver パールグリーン(ヴェルデマンティス)
本モデルはウラカンクーペをベースに軽量化・高出力化・空力性能の向上を施し、ニュルブルクリンク北コースの市販ロードカー最速ラップを記録した「ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ」を忠実に再現したモデルになります。ランボルギーニは2017年3月に行われたジュネーブモーターショーにて「ウラカン ペルフォマンテ」を発表しました。ペルフォマンテ最大の特徴は専用に開発されたエアロダイナミクスシステム「エアロダイナミカ・ランボルギーニ・アッティーヴァ」(ALA)です。フロントスポイラーとリアウィングに備わっているフラップを開閉することにより、コーナリング・ブレーキング時には大きなダウンフォースを発生させ、加速中や高速走行中には空気抵抗を可能な限り少なくするシステムです。ウラカン ペルフォマンテはALAを搭載するため前後のエクステリアも進化しました。フロントバンパーは蛇の牙をモチーフとしたデザインに変更されよりアグレッシブになりました。リアエンドには「ALA」を組み込まれたリアウィング、エアダクトが組み込まれたエンジンフード、大型化されたリアディフューザーを装備しています。インテリアは基本的にウラカンクーペを踏襲していますが、軽量なカーボンスポーツシートを装着し内装のほとんどがアルカンターラで仕上げられています。エンジンは従来の610psから640psに出力を向上。ゴールドに塗装されたインテークはディアブロSE30などのスペシャルエンジンの伝統に則ったものです。モデルはランボルギーニより提供された3Dデータから3DCADデータを作成しました。極力ディフォルメを行わず、実車そのものを雰囲気を再現します。新たに装着されたリアウィングはホワイトメタルを使用し薄く成形。裏面にはALA用の穴も再現しています。車体に多用されている軽量素材「フォージドコンポジット」はランダムなパターンを持っているので、一つ一つのパーツにブラシでパターンを入れ、クリアーブラックコーティング仕上げを行うことによりリアルな質感を目指しました。今回発売する仕様ではペルフォマンテ専用設計の鍛造20インチセンターロック式ホイールを再現します。

1/43 ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ 2017 -Center lock wheel ver.- パールイエロー
本モデルはウラカンクーペをベースに軽量化・高出力化・空力性能の向上を施し、ニュルブルクリンク北コースの市販ロードカー最速ラップを記録した「ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ」を忠実に再現したモデルになります。ランボルギーニは2017年3月に行われたジュネーブモーターショーにて「ウラカン ペルフォマンテ」を発表しました。ペルフォマンテ最大の特徴は専用に開発されたエアロダイナミクスシステム「エアロダイナミカ・ランボルギーニ・アッティーヴァ」(ALA)です。フロントスポイラーとリアウィングに備わっているフラップを開閉することにより、コーナリング・ブレーキング時には大きなダウンフォースを発生させ、加速中や高速走行中には空気抵抗を可能な限り少なくするシステムです。ウラカン ペルフォマンテはALAを搭載するため前後のエクステリアも進化しました。フロントバンパーは蛇の牙をモチーフとしたデザインに変更されよりアグレッシブになりました。リアエンドには「ALA」を組み込まれたリアウィング、エアダクトが組み込まれたエンジンフード、大型化されたリアディフューザーを装備しています。インテリアは基本的にウラカンクーペを踏襲していますが、軽量なカーボンスポーツシートを装着し内装のほとんどがアルカンターラで仕上げられています。エンジンは従来の610psから640psに出力を向上。ゴールドに塗装されたインテークはディアブロSE30などのスペシャルエンジンの伝統に則ったものです。モデルはランボルギーニより提供された3Dデータから3DCADデータを作成しました。極力ディフォルメを行わず、実車そのものを雰囲気を再現します。新たに装着されたリアウィングはホワイトメタルを使用し薄く成形。裏面にはALA用の穴も再現しています。車体に多用されている軽量素材「フォージドコンポジット」はランダムなパターンを持っているので、一つ一つのパーツにブラシでパターンを入れ、クリアーブラックコーティング仕上げを行うことによりリアルな質感を目指しました。今回発売する仕様ではペルフォマンテ専用設計の鍛造20インチセンターロック式ホイールを再現します。