心地良い睡眠をとることが大切です

睡眠時間は長くても短くても病気になり易く、寿命が短くなることが分かっています。

1980年代にアメリカで100万人以上を対象に行われた、睡眠時間と寿命の関係の調査では、予想外の結果が出ました。 1日に6.5~7.5時間の睡眠をとっている人が最も死亡率が低く、それ以上及びそれ以下の時間、眠っている人は寿命が短くなる傾向にありました。特に長く眠っている方が問題で、7.5~8.5時間以上の睡眠時間をとっている人は、6.5~7.5時間睡眠の人よりも死亡率が20%もアップしました。 睡眠時間が長い人の寿命が短くなる原因は、まだはっきりしていませんが、長く眠る人は何らかの健康上の問題を抱えている可能性が指摘されています。

また、人の疲労回復は睡眠以外にはありません。栄養ドリンクやサプリメントなどは疲労回復の補助的な役割でしかないのです。 しかし、ストレスの多い日常生活や加齢による身体機能の低下などによって眠りが浅くなり、やがて慢性的な寝不状態に陥り、更に体調不良を訴えるようになることは誰もが経験することです。 理想は医薬品などに頼ることなく、心地良い睡眠=快眠を得ることですね。

その方法のひとつとして、ふくらはぎの血管を冷やさないように保温することがあります。 就寝時にソックスを使用している人も多いと思いますが、それは睡眠時のリラックス状態の時にかえって窮屈感を覚えることがあり、無意識のうちに脱ぎ捨ててしまっている場合が多くあります。 それに対して、ふくらはぎウォーマーは、ふくらはぎを締め付けずガードするため装着感が低いのです。その上、足先よりも広く体表面を覆うことができるという有効性もあります。

ふくらはぎを温めて冷え性改善!「専用ウォーマー」

【ふくらはぎ専用ウォーマー 体験者の声】
《49才 女性》
私はとても冷え性で、よく夜中にむこう脛が攣ります。しかし、去年からふくらはぎウォーマーを使い始めて、攣る頻度がとても減りました。特にゴルフに行ったその晩はふくらはぎウォーマーを縦に引っ張り伸ばして、ふくらはぎから足の土踏まず辺りまでくるように履いて寝ます。万が一、攣ってもふくらはぎウォーマーの上から摩ると温まりも早く、痛みから解放されます。お蔭様で夜中にお風呂を沸かし脚を温めなくても済むようになりました。本当に助かっています。

《56才 女性》
ふくらはぎウォーマーを使いだしてから2年になります。最初は冬場の寝る時だけでしたが、暖かいし履き心地が良いので次第に日中でも履くようになりました。50歳後半になると筋力も衰え、よく足が攣るようになったので、このごろでは年中履いて予防をしています。履けば履くほど自分の脚に馴染んできて、とても助かっています。寝ている時には太腿の膝の付け根辺りがよく攣るので、その辺りまで伸ばして履いていますが、しっかり包み込んでくれて、朝になっても膝下までづれてることはないですね。やっぱり靴下のような締め付け感がないので、履きっぱなしでも気になりません。

ふくらはぎウォーマー使用結果